Site search

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

Site search

Categories

2016年9月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Tags

主人が消費者金融で借金をしていたら、まず理由をききます

もしも、私の主人が消費者金融で私が知らない間に借金をしていたとしたら、まず、なぜ、消費者金融でお金を借りたのかという理由を聞きだします。
もし、この答えが、あまりにも、受け入れられないものであれば、残念ながら、結婚生活を続けることはできないと思います。
その場合の受け入れられない答えは、例えば、ギャンブルに使うお金が欲しかったからとか、車や、貴金属、電化製品など、なにか、高額な物を買いたかったからとか、不倫相手の女性にプレゼントを買うためなどです。
しかし、なにか、のっぴきならない事情、例えば、友人を救うためや、主人の両親や兄弟を救わなければならないなどの問題を、主人が抱え、なんとかその状況を打開しようとして、消費者金融にたよってしまったのであれば、とりあえず、今後は、消費者金融に頼る前に、自分に相談して欲しいと告げると思います。
私が、そういう事情であれば、消費者金融でお金を借りるのもいたしかたないと思った時は、一緒にその借りたお金を返済することを考えると思います。
まず、家にある、金目のものを売却します。
例えば、車や、貴金属、宝石などです。その売り上げを消費者金融でした借金返済に充てます。
しかし、それでも、まだまだ、お金が足りない場合は、家にかかるお金である、食費や生活費を削り、自分もパートに出るなどして、とにかく、消費者金融で作った借金を全額返済することに力を注ぎたいです。
主人には、土日や祝日なども日雇いの仕事などでもいいので、働いてもらいます。

今までに、結婚当初、貯金もないまま結婚をし、意外と生活や保険などの支払いで毎月お金が思った以上に出ていくことが分かり、結婚をして最初の頃は主人と相談してローン(JAバンクローンで借りる?低金利でお得なカードローンでお金を借りる)を組んだこともありました。それはお互いに勝手にしたことではなく、話し合いの結果でした。しかし、それ以来は借金を一度もしていません、必死に貯金をしました。
やはり、借金をしているのに、優雅な日常は送れないと考えます。
ゆっくり、休日を楽しむのは、借金を返してからです。
万が一、どんなに働いても、返せないという金額を主人が借りていた場合は、家を売り、そのお金を借金返済に充てて、1から、夫婦生活や貯金をやり直します。
そして、二度と、消費者金融に手を出さないことを主人に誓わせます。

 

 

日々欠かせないインターネットの存在

毎日インターネットを利用して便利に生活しています。

・ネットスーパーを利用する。

自宅から注文するとその日の夕方か翌日に配送してくれるのでとても便利。雨が数日続くとき、飲み物やお米、お酒などの重いもの、急に在庫がなくなった洗剤や歯磨き粉も注文できるのでとても重宝しています。スーパーに売られているものと同じものがそのまま届くのも魅力的です。
・お店でサイズがなかった服や靴がインターネットだと見つかる。

例えば子供のスニーカーを買おうと靴屋さんで試着しますが、気に入った色のスニーカーが在庫切れという時、同じスニーカーの別の色で試着をしておきます。

水色がいいのに在庫がないから赤で足にあっているかを見ておく、といった感じで。そしてその同じスニーカーがインターネット上のお店に在庫があるかを探してみると、たいてい見つかります。

インターネット上のお店はものすごい数がありますので、この方法でほしいものを手に入れることができます。
・天気予報を調べる。

毎日の天気予報や週間予報はもちろんですが、今日これからこの後雨が降るのか?といったこともインターネットなら簡単に調べられます。自分の住んでいる地域の雨雲レーダーやアメダスを見て、1時間後、2時間後、の雨の様子を確認します。

TVの天気予報は見たい時にはやっていないし、ここまではわかりません。お買いものに出るときに雨が降りそうだなと思ったら、インターネットで雨の様子を確認してから洗濯を取り込むか出しておくかを決めて、それから出かけるようにしています。
・わからない言葉や書けない漢字を調べる。

本を読んでいて意味がわからない言葉が出てきたとき、学校の先生にお手紙を書くときに書けない感じが出てきたとき、インターネットで調べれば簡単です。

ついでに自分の勉強にもなるので、お気に入りの国語辞典や漢字辞典のサイトはブックマークに入れておきます。
・お仕事求人情報を探せる

仕事の求人情報をネットで探せるのも便利な点ですね。私は保健師の仕事をしているんですが、今以上に職場の条件が良さそうな所が無いか、ネットで求人情報を探しています。
http://xn--gmq90amm486bktq.biz/

自宅にいながら簡単に探せるので、仕事が終わってからもゆっくりと探すことが出来ますよ。

乳首の毛を脱毛したい

乳首の毛を脱毛したい。なぜならば,体中で一番無駄な毛だと思うからだ。わき毛や太ももなど脚の毛などは女性にとっては,処理の対象となる。

しかし、男性にとってはある程度ある方が男らしさがあると考えられるものだ。男性にとって,わき毛がボーボーすぎるというのはちょっとした悩みになるようだが,わき毛が少ないこともコンプレックスになる。

実際,T.M.Revolutionの西川さんは,わき毛が薄いことをコンプレックスにしている。
しかし,男性であっても乳首の毛というのは男らしさを強調するいわゆる刺身のつまのようなものではなく,無駄なものである。

ちょろちょろと3本ほど生えている乳首の毛をみると気持ち悪く感じる。銭湯などで,他の男性が乳首から毛が生えているのをみると,グロく感じる。かなり不快なものである。

その上,ひげやまゆげなど顔の毛であれば鏡を見た時に長いなと思って剃ることができる。
顔というのは,毎朝髪型を整えるときに必ず鏡をみるためチェックしやすい。

剃らなければいけないというのをすぐに気づくことができるのだ。
それに,電動剃刀といったような処理するための道具も多く売られており処理しやすい。

しかし,乳首の毛というのは,なかなか意識してチェックするものではない。
ふと,お風呂に入り体を流しているときに,気づくことが多いのだ。わりと長さが伸びてきてから。

だから気づかないまま,他人の前でさらすことがある。
今は季節は終わったが,夏に海に行き水着に着替えたときとか,プールに行くときなどは,乳首の毛が伸びていると恥ずかしい。

女性と違い,男性の胸はあらわになっている。
剃られることなく,伸びたちりちりの毛が両側の乳首から生えているのである。そのことに触れられないでくれとこちらも思うのだ。

しかしながら、わざわざ乳首の毛だけに脱毛しに行くのも恥ずかしいものである。

近所に脱毛クリニックがあるのだが、なかなか一歩踏み出せない。

コチラ→医療レーザー脱毛名古屋※名古屋で永久脱毛したいならこのクリニック

ダブルインカムになるまでは節約をがんばります

私には小さい子どもがいます。最近では子どもがいても共働きの夫婦が多いですが、私は子どもが小さいときはできるだけ一緒にいたいという考えなので幼稚園に入園するまでは働かないようにしています。そのため、収入は旦那の給料のみで、わりとかつかつなので節約を頑張らないといけません。世の中では共働き家庭が多く、そういった家庭に比べると本当に質素な生活をしているのでたまに悲しくなる時がありますが、これも子どもが幼稚園に入るまでだと自分に言い聞かせて頑張っています。

実は旦那には内緒なんですが、主婦でも借りれるサラ金業者で借りたこともありますから。→http://xn--vcktf415g9zkxq1e.com/

ホント給料だけではどうにもならないことがあって、そういう時についつい借りてしまったんですよねー。ネットから申し込みしたら驚くほど簡単に借りることができましたから。悪いとは思っていますし、もう借りるのはやめようと思っているのですが、ついつい借りてしまうのです。ちょっとした自転車操業的になっているかもしれません。
私は社会人の時に割と散財していたので節約生活に慣れるまでとても苦労しました。私の節約方法は贅沢な暮らしをしていたが節約をしなければならなくなった人にはとても参考になると思います。
まず、外食を我慢しています。節約を気にしていなかったときには1週間に1度くらいは飲みに行ったりしていましたが、現在は全く飲みに行きません。外食をするとどうしても1度で1万円近くは使ってしまいます。どうしても外食したくなったときはランチをするようにしています。また子どもと出かけるときは必ずお弁当を持参しています。
次にスーパーの特色をつかむことです。スーパーによっては独自の特売日などを設けています。例えば、Aスーパーは火曜日が大売出しの日で野菜がとても安い、Bスーパーは金曜日に卵の特売日がある、Cスーパーは特売日などはないが、値下げ幅が広く、おつとめ品などが豊富、など特色を調べます。近所のスーパーがどういったサービスを行っているかをしっかり把握し賢く買い物することが節約の秘訣です。

太ったな…。

私の現体重は62キロ・・・。毎日主人に「太い」と言われています。

子供を産むまでは自分で言うのもなんだけど、痩せていてスタイルいい方だったんだけど、子供を産んだとたんにブクブク太っていき、気付いたら今の体重に(*_*)

さすがに痩せなきゃ、って思っているんですが、ここまで来たら逆に諦めがちになってしまいます。

でも今年は本気で痩せようと思ってます。