Site search

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

Site search

Categories

2017年12月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Tags

主人が消費者金融で借金をしていたら、まず理由をききます

もしも、私の主人が消費者金融で私が知らない間に借金をしていたとしたら、まず、なぜ、消費者金融でお金を借りたのかという理由を聞きだします。
もし、この答えが、あまりにも、受け入れられないものであれば、残念ながら、結婚生活を続けることはできないと思います。
その場合の受け入れられない答えは、例えば、ギャンブルに使うお金が欲しかったからとか、車や、貴金属、電化製品など、なにか、高額な物を買いたかったからとか、不倫相手の女性にプレゼントを買うためなどです。
しかし、なにか、のっぴきならない事情、例えば、友人を救うためや、主人の両親や兄弟を救わなければならないなどの問題を、主人が抱え、なんとかその状況を打開しようとして、消費者金融にたよってしまったのであれば、とりあえず、今後は、消費者金融に頼る前に、自分に相談して欲しいと告げると思います。
私が、そういう事情であれば、消費者金融でお金を借りるのもいたしかたないと思った時は、一緒にその借りたお金を返済することを考えると思います。
まず、家にある、金目のものを売却します。
例えば、車や、貴金属、宝石などです。その売り上げを消費者金融でした借金返済に充てます。
しかし、それでも、まだまだ、お金が足りない場合は、家にかかるお金である、食費や生活費を削り、自分もパートに出るなどして、とにかく、消費者金融で作った借金を全額返済することに力を注ぎたいです。
主人には、土日や祝日なども日雇いの仕事などでもいいので、働いてもらいます。

今までに、結婚当初、貯金もないまま結婚をし、意外と生活や保険などの支払いで毎月お金が思った以上に出ていくことが分かり、結婚をして最初の頃は主人と相談してローン(JAバンクローンで借りる?低金利でお得なカードローンでお金を借りる)を組んだこともありました。それはお互いに勝手にしたことではなく、話し合いの結果でした。しかし、それ以来は借金を一度もしていません、必死に貯金をしました。
やはり、借金をしているのに、優雅な日常は送れないと考えます。
ゆっくり、休日を楽しむのは、借金を返してからです。
万が一、どんなに働いても、返せないという金額を主人が借りていた場合は、家を売り、そのお金を借金返済に充てて、1から、夫婦生活や貯金をやり直します。
そして、二度と、消費者金融に手を出さないことを主人に誓わせます。

 

 

Write a comment





CAPTCHA